粗大ごみの処分はどうする?不用品回収業者を使うメリットとデメリット

粗大ごみを不用品回収に出すメリット

粗大ごみを不用品回収に出す方法は、たくさん粗大ごみがあったとしてもたった一つの手続きだけで全部まとめて引き取ってもらえるのがメリットです。自治体に処分してもらうときには粗大ごみ券を購入してごみにそれぞれ貼り付けていく必要があります。回収の仕方は自治体によって違いがありますが、多くの地域ではセンターに電話をかけて予約をして回収に来てもらわなければなりません。自宅まで回収に来てくれるわけではないのが普通で、自宅の前に出すか、近くの集積場まで運んでいくことが必要です。しかし、不用品回収なら自宅の中まで引き取りに来てくれます。たくさん粗大ごみがあっても一挙に引き取ってくれるので簡単でしょう。

粗大ごみを不用品回収業者に対応してもらうデメリット

粗大ごみの処分を不用品回収で済ませる方法にはデメリットもあります。料金が高くなる場合が多いのが最も大きなデメリットでしょう。数千円から数万円くらいの費用がかかり、基本的には粗大ごみの数が多く、サイズが大きくて重量もあると高くなります。料金体系は業者によって違うので、比較しようと考えると手間も大きくなるでしょう。比較してみると安くなるとはいえ、自治体に回収してもらうのに比べると高いのは確かです。ただ、業者によっては粗大ごみをごみとして捉えずに、価値のある中古品として考えてくれることもあります。買い取ってもらえれば比較的安く済ませられることもあるため、価値がありそうなものを探して一緒に回収してもらうのは賢い方法です。

ゴミ屋敷の片付けにいくらかかるかご存じですか。費用は「1LDKで6万円~」が相場です。物量が増えれば、費用ももちろん増えます。